鵜の会について
  • 「上野藪蕎麦」主人・鵜飼良平先生を最高顧問、「梅島藪重」主人・石井啓之先生を顧問・師範、(株)日清食品・右近龍也先生、「手打ちそば 満志粉」主人・益子正巳氏を顧問に迎えた、素人の江戸流手打ち蕎麦の研究会です。
  • 鵜飼先生は日清食品主催のフーディアムセミナーの手打ち蕎麦講習会の講師を務めていました。その受講者有志が、更に手打ち蕎麦を極めたいという目的で平成10年に創立しました。
  • 鵜飼先生の「鵜」の字を頂いて会の名前にしました。手打ち蕎麦に興味のある方なら誰でも会員の推薦で入会できます。
  • 鵜飼先生の手打ち蕎麦の楽しさを広めたいという考えの下に、月2回の研鑚会及び春秋合宿研鑽会の他に、各地の蕎麦祭り・イベントなどに積極的に参加・出店して手打ち蕎麦の普及に務めています。
  • 現在(平成23年5月)の会員は70名、福井県の「全国素人手打ち蕎麦名人大会」へ連続出場し上位入賞者も多い。平成14年、15年と連続して「名人」位を授賞しています。
鵜飼先生について
  • 昭和12年東京生まれ。明治25年創業の江戸そばの伝統を引き継ぐ「上野藪蕎麦」三代目主人。
  • 昭和47年に手打ち蕎麦に切り替え、今の名声を築く。東京都麺類協同組合が主催する「蕎麦技術研修講座」の技術指導委員長を務め、蕎麦業界を代表する技術指導者として活躍しています。また、日清食品フーディアムセミナー手打ち蕎麦講座の講師などを経て一般の人へ江戸流手打ち蕎麦の指導を積極的に行っています。
  • 平成12年東京麺類協同組合の理事長就任。
  • 平成14年(社)日本麺類業団体連合会の会長就任して、現在に至る。
  • 平成10年「鵜の会」創立から最高顧問。
  • 平成15年秋の叙勲で藍綬褒章授賞。
  • 「上野藪蕎麦」住所:東京都台東区上野6−9−16
齊藤会長について
会員の皆様、同好の皆様、地元の皆様に蕎麦を通じて、楽しく蕎麦打ちをしながら「江戸流手打ち蕎麦」の研鑽、技術継承を進めて行きたいと思います。
  • 昭和28年 東京都出身
  • 蕎麦打ち歴14年目
  • 平成19年全麺協四段位取得
「鵜の会」の目的及び組織と顧問・役員

■「鵜の会」と目的及び組織について
 
■最高顧問、顧問、相談役について
 

2015年5月現在

役 職 氏 名 主な職業 その他
最高顧問 鵜飼 良平 「上野藪蕎麦」主人 (社)日本麺類協同組合会長
顧 問 石井 啓之 「梅島藪重」主人 (師範)
右近 龍也 日清食品(株)  
益子 正己 「手打ちそば 満志粉」主人 第3回(H10年)「名人」
相談役 田中 巌 初代会長  
丸山 征一    

 
■役員について

2015年5月現在

 
役職組織 常任理事 理 事 主な担当業務
会長 齊藤 富士雄 代表・総括
事務局 加藤  等
(事務局長)
金子 孝子
山田 富子
会運営総括・各部門調整
技術指導部 田中 富夫
寺西 恭子
手打ち蕎麦の技術指導、アドバイス
「鵜の会」段位認定試験の審査員他
企画部 山口 昌彦 戸嶋 吉美
長谷部 好一
企画・立案・実施
広報部 北川 庄司 荒井 正憲 会報発行
研鑽会部 井上  章 片山 道子
早川 千賀子
萩原 卓爾
大津  昇三
藤田 ルツ
岩田 吉裕
平間 昭彦
鵜澤 雅彦
研鑽、技術指導、備品管理
会計部 茂木 榮子 清水  亨
一ノ瀬 静男
上利 尚也
岩田 定一
谷  昇平
会計経理の運営・管理
渉 外 莇  啓 他の団体との連携
監 事 上野 安弘 会計の監査
会の改善、提言、意見具申など
渉外(全麺協、ソバリエ)